今の日本では美容整形と聞くと「出来る限り避けたい」という傾向があり、積極的に受けようとする人は多くありません。
しかし美容整形はもはや当たり前の美容方法であり、何も後退りする必要は無いのです。 新しいプチ整形メニューとしましてレディエッセは鼻やアゴなどのライン形成に効果的であり、今大変注目されている美容術となります。
レディエッセを受ける方が増加してきており、日本ではプチ整形が人気となっているのです。

 

レディエッセというのは約1年半と、長期間の効果を維持することが出来ます。
わざわざ短期間で何度も通う必要がなく、一般的に多く使用されているヒアルロン酸注射よりも持続期間が長くなっています。人間の骨や歯を作るために必要なハイドロキシアパタイト系の注入剤というのはレディエッセという美容術です。
理想的で美しいフェイスラインを作ることが出来、徐々に劣化してきてしまったお肌を改善してくれることでしょう。

ハネムーン ハワイ
http://hunemoon.com/hawaii



レディエッセのプチ隆鼻術で理想的な施術ブログ:17-8-14

俺の父は、優しくてすごく頼りがいのある人です。
少なくとも、俺にはそのように感じていました。

俺は、
父のようにならなくてはならないと思っていたのかもしれません。
もしかしたら、俺が、
父にようになれと言われてきたのかもしれません。

でも、そんな俺を試すかのように、
何度となく自分自身を情けなく
女々しくさせるようなことが起こりました。

そして、
「こんな俺でもいい?」というかのように、
父の前で何度も、
そんな情けない俺を見せてきました。

出社拒否なんか、まさしくそうでした。

父は、
「そんなときもあるよ…」
といってくれるのですが、
俺自身はそれを認めないんですよね。

「そんなこといってるけど、本当は怒ってるよね?」
と、自分自身が問いかけていたような気もします。

自分自身で認めたいけれど、それができないから、
父に認めてもらうことで納得したい、
許してもらいたいというのがあったと思います。

そして、それを試すようにいつまでも
ウジウジと女々しい自分を
父に見せたりしてたような気もします。

そして、
父が怒り出したら、
「ほら、やっぱり」って、
こんな俺じゃダメだよねって思ったりしてたんですよね。

こんなことは建設的じゃないと思うんですが、
俺は何か新しいことを始める時に出てくる
パターンになってしまっていました。

そして、その自信のない自分を満たしてもらいたいという感情は、
親とお子様の関係だけでなく
旦那と奥さんの関係でも、
このパターンが出てきたりするんですよね。

そんなとき、こんな情けない自分でもOK!を出せれば、
すごく楽になるんだと思うんですよね。


このページの先頭へ戻る