もし本気で美容を求めているのでしたら、とにかく美容に関する知識を身に付けておく必要があります。
インターネットでも雑誌でも美容対策方法を勉強することが出来ますのでまずは勉強をしてみてください。 今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く「ストリッピング手術」が主流でした。
しかしこの手術では傷跡が残ってしまったり、1?2週間の入院が必要になるなど患者の負担も高いというデメリットがあったのです。

 

最近急速に普及してきているのが、レーザーを使った静脈瘤の治療法なのです。
レーザー治療は、局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、痛みや傷跡がほとんど残りません。静脈瘤というのは、足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことです。
その結果血液が静脈内にどんどんと溜まってしまうことによって発症してしまう病気なのです。



静脈瘤へのレーザーによる治療ブログ:17-6-24

シェイプアップを実践していると、
必ず体重の変化がなくなる時期が訪れます。
それが、シェイプアップの停滞期なのです。

大抵の場合、シェイプアップを始めると、
最初のうちはドンドン体重が落ちていきます。
それが楽しくて楽しくて仕方がないのですが、
停滞期になると、体重の減少の変化が
ピタッと止まってしまうんですよね。

自分ではシェイプアップを頑張っているつもりなのに、
増えてしまうことすらあるかもしれません。

でも、シェイプアップをしていると、
必ず停滞期はやってくるのです。

逆に、停滞期のないシェイプアップは危険です。
もし、停滞期がなく、ずっと体重が落ち続けているのなら、
肉体を壊してしまわないうちに、
シェイプアップ方法を見直した方が良いですよ!

シェイプアップの停滞期の期間は、人それぞれですが、
停滞期を早く乗り越える方法もあります。

それは、基礎代謝を上げることです。
シェイプアップの停滞期には基礎代謝が下がっていますので、
適度な体操などで基礎代謝を上げれば、
停滞期から早く抜け出せるでしょう。
とはいえ、過剰な体操は危険ですよ!

また、体重ではなく、
体脂肪を減らさなければ、
シェイプアップの意味がありません。

体重が減らないからと、
極端なご飯制限をすれば、まず筋肉から落ちてしまい、
基礎代謝が下がるので、太りやすい肉体になってしまうだけです。

適度な体操をすることで筋肉がつけば、
一時的に体重が増えたように思っても、基礎代謝が上がるので、
いずれ体重も減り、スタイルがよくなるでしょう。

なので、
停滞期になってしまっても、焦らないで、
それまで通りのシェイプアップ法を続けることが賢明なんです!


このページの先頭へ戻る